抽象喜劇(退治屋作者の超日常?改め)

<   2007年 01月 ( 50 )   > この月の画像一覧

このヴァリエーションでは人気が上がるか下がるか…



お姐(ねえ)カイザー


どうなんでしょうか…
[PR]
by hokutoff | 2007-01-31 23:42 | 退治屋

液晶オスプレイについて。

液晶オスプレイ…
空、飛んでました。
鳥だったようです。
[PR]
by hokutoff | 2007-01-31 04:48 | 色々

三匹の金さん・子孫和解編

浅野金匠頭
吉良金野介
大石金蔵助

忠臣蔵の加害者・被害者である当事者の
三人の庶子や隠し子である子孫達が名奉行に…

三人の和解から始まる新・三匹の金さん!!
忠臣蔵上匠!
[PR]
by hokutoff | 2007-01-31 00:04 | その他物語

『グルメ婆さん』超番外編『アバイ・ゲセル』

アバイ・ゲセル「お祖母様、老躯に鞭打って
          女子高生のコスプレをしてはいけません

[PR]
by hokutoff | 2007-01-30 17:01 | マンザン・グルメ婆さん

グルメ婆さん、グルメ談義第23回

アシスタント嬢「マンザン・グルメ婆さんです。
          今日は久しぶりにゲテモノ食いについてです」
マンザン・グルメ婆さん「マックグリドルを食べてみろと周囲から言われている…
               ただ、孫のアバイ・ゲセルに、
               『老躯に鞭打って食べてはいけない』と言われるだろうね…」
アシスタント嬢「ゲセルさんですか… ところが…」
マンザン・グルメ婆さん「ところが、どうしたと言うのかね…」
アシスタント嬢「ところが信じられないことに…」

アシスタント嬢「私があのメガマックを食べようとマクドに行ったところ…」
マンザン・グルメ婆さん「お嬢、上方出身だったのか…」
アシスタント嬢「出身地については詳しくは申し上げられません。
          話を、元に戻しますと…」
マンザン・グルメ婆さん「で?」
アシスタント嬢「そのマクドで…」
マンザン・グルメ婆さん「マックで?」
アシスタント嬢「は、はい…」

----------------------------------------------------
アシスタント嬢の回想

なかなかの恰幅の良い、
口ひげを生やした中年男性が席に座った。
店員「お客様、ご注文のマックグリドルお持ちいたしました」
アバイ・ゲセル「おねーちゃん、ありがとーございまちた」
店員「おじさん、いかがなされましたか?」

そして数分後。
アバイ・ゲセル「しょっぱい味と甘い味のコンビネーションが、
          なかなかあり得ない意外性を追求していて、
          これはこれで悪くはないでちゅね…」

回想終了
----------------------------------------------------
アシスタント嬢「なかなか仕事もできる優秀なサラリーマンで、
          中間管理職らしく、ノートパソコンなどで連絡を取っていました。
          言葉遣いの方を度外視すると優秀なお孫さんですね」
マンザン・グルメ婆さん「で、それを見て、どう感じたのかね…」
アシスタント嬢「え、色々と…」
マンザン・グルメ婆さん「ゲセルの奴、人には喰うなと言いおって、
               自分はゲテモノ食いか…?」
アシスタント嬢「でも、食べたことがあるから、
          あえて言えるのかもしれませんですね」
マンザン・グルメ婆さん「だがなぁ… 砂糖味と塩味をまぜこぜに味わうのは、
               一般的には考えられることではなかろうて」
アシスタント嬢「ええ…」
マンザン・グルメ婆さん「孫の味覚が大いに心配である」

アシスタント嬢「マンザン・グルメ婆さんでした」
[PR]
by hokutoff | 2007-01-30 00:00 | マンザン・グルメ婆さん

注意。


皆さん、偽カイザーに注意を!!
[PR]
by hokutoff | 2007-01-29 23:06 | 退治屋

退治屋稼業外伝・ああ退治屋達の日常03

01.カイザーの偽物現れる。

カイザー「ちっ、また俺の名前をかたった、
      ナンパ野郎が出たって話かよ…」
フェイス「本当にお前ではないのか?」
ミーナ「あまりにも女性口説きすぎて、
     記憶が吹っ飛んだんじゃないの~」
カイザー「ち、違う! 俺はこんなに面白キャラじゃない!」
 ・そして、カイザーは偽物カイザーを探し始める。
 ・しばらく後。
カイザー「あ、貴様、俺のまねして何しやがるんだい」
偽カイザー「そっちこそ、偽物だろ」
カイザー「そもそも俺は貴様みたいに、
      変態丸出しのニヤケ面などしたことがない」
偽カイザー「てめーだって、いつもにやけているクセに」
カイザー「今から貴様のことを『バカイザー』って呼んでやる!!」


02.名付けて、バカイザー。

カイザー「やい、バカイザー。貴様のクラックムーン、
      でたらめに書いているのはこっちはお見通しなんだよ」
バカイザー「そっちこそ、書いているクセに…」
カイザー「ならこのアルコールシートで落としてやる」
バカイザー「落とせるモノなら落としてみろ…」
 ・カイザー、バカイザーの顔を拭く。
バカイザー「どうだぁ、落ちてないだろ」
カイザー「なら自分の顔を鏡で見てみろ」
バカイザー「お、落ちてる…」


03.それでも続く、いさかい。

カイザー「所詮、お前は退治屋じゃないただの唐変木」
バカイザー「ちくしょー、SWATでもリブフリーでも、
        どっちかに入って見返してやる!!」
カイザー「入れるモノなら入ってみな」
バカイザー「貴様が退治屋でもなかったら、
        ただのスケベ人間のクセに…」
カイザー「相変わらず口の減らない奴だなあ」
 ・この二人の口げんかを見続けているフェイスとミーナ。
フェイス「あれまあ、どっちがカイザーかわからなくなってしまった…」
ミーナ「確かにそうね… でもどっちもどっち五十歩百歩ね」

カイザー&バカイザー編、一応終わり。
[PR]
by hokutoff | 2007-01-29 01:59 | 退治屋

『最強女官・赤染衛門』

『最強女官・赤染衛門』というタイトルのドラマが実際あったりしたら、
それはそれで嫌な物がある。

さらに…
『最強女官・赤染衛門の和歌作り』とまでなっては、
もうどうもこうも致し方ないモノである。

チャングムかよ!!
[PR]
by hokutoff | 2007-01-29 01:21 | 色々

グルメ婆さん、グルメ談義第22回

アシスタント嬢「マンザン・グルメ婆さんから、
          みかんについてのお話です」
マンザン・グルメ婆さん「以前こんな話もしたことがあるんじゃが
               まさかみかん生産地の最北端が、茨城県とは…
               私もまだまだ色々と知らなくてはならぬ事が多い。

アシスタント嬢「マンザン・グルメ婆さんでした」  
[PR]
by hokutoff | 2007-01-28 22:45 | マンザン・グルメ婆さん

大江戸異次元音頭・異聞03

火付け盗賊生腑分け--------について…

解剖されるのは火付け盗賊です。
念のため。
生きたまま解剖。
それが公衆の面前で行われる、と。
[PR]
by hokutoff | 2007-01-28 21:30 | 色々