抽象喜劇(退治屋作者の超日常?改め)

それは、やはりフィクションだからだ。

結局、エンターテインメントも、実際に起きたとしたらこんなにもはた迷惑な話はない、と言うことなんだね。
[PR]
by hokutoff | 2009-04-29 23:50 | その他物語