抽象喜劇(退治屋作者の超日常?改め)

重荷は捨てられるのだろうか…

君は、明日の昼までには心の重さを捨ててこられるんだね……
重すぎて落ちるなんてよくあることだろうけど、
君にはそれが耐えられないみたいだから…

そう…
それを心の重荷にして君はここ数日ほど答えかけにもなかなか応じられなかった…
応じたくても、応じられなかったんだろうね…
でも、もう大丈夫だよ…
明日の昼には今までの重い心のモヤモヤもきっとすっきりするはず…
そのために、明日は朝まで色々と心の重荷をすっきりさせるのだろうから…

さあ、前向きに行こう!
きっと、未来は苦しいことばかりではないのだから。

明日の昼からは心の重荷を捨てた軽い君がいるさ!

ね、exciteブログ
[PR]
by hokutoff | 2007-06-14 00:00 | 色々